効果測定機能付きで確実なメール配信

コンバージョン計測が可能

メールマーケティングの効果を高めるには、メール配信後の効果検証や分析が欠かせません。メール配信システムの中には個別メールの分析をはじめ、複数メールの比較分析まで柔軟に対応できるものがあります。そしてHTMLメールの開封率やクリック率、コンバージョン率などの分析が可能です。配信したメールがユーザーによって読まれ、コンバージョンにつながった割合が数値で確認できます。しかもリアルタイムでの計測が行えるので、定量的な成果目標を立てやすくなります。また分析結果や配信ログのレポートを、PDFでダウンロードすることも可能です。報告資料として活用できるので、上司への提出物や会議の資料として利用できます。配信ログではエラーメール率や配信停止率なども確認できます。

配信ログをCSVデータとして管理

メール配信システムの配信ログには、配信対象者一人ひとりに基づいた、詳細なデータが含まれています。CSVデータとしてダウンロードすれば、自由に集計や分析を行えます。CSVデータを使えば配信対象者が何時メールを開封したか、どのURLをクリックしたかが分かります。そうしたデータを基にして男女別や地域別、属性別など任意の切り口からクロス集計が出来ます。さらにエラーメールを要因別に分析することで、ユーザーからのクレームに対して迅速に対応出来るようになります。同時に顧客リストのクリーニングも行われるので、効率的なメール配信に繋げられます。加えてエラー回数による自動配信停止も設定でき、メールの高速配信につなげることが出来ます。