配信エラーが多すぎる

エラーの原因を見極めて、リーチ率アップ

メール配信は今やビジネスの強力なツールです。そんな中で、配信エラーが多くて、なかなか結果につながらない、というケースもあります。それでは、どうして配信エラーが起きるのでしょうか。また、配信エラーを少なくするにはどうしたらいいのでしょうか。

原因のひとつは、アドレスが間違っている場合。対応策は、データのクリーンアップです。入力ミスで正しくないアドレスになってしまっている場合、正しいアドレスに直しましょう。

また、メールアドレス自体が無効の場合は削除していきましょう。無効なアドレスを発信するとシステム的にも問題が生じる場合があります。

もうひとつは相手側のサーバー上の問題。スパムメールと判別されている場合等です。IT部門の担当者に、ドメインの信頼性について確認しておきましょう。メール自体が重すぎて、相手側のサーバーに拒否される場合もあります。メールは適切なボリュームで作成することがポイントです。

配信サービスを活用すれば、費用対効果もアップ

自社のパソコンから、既存のメールツールを使って送信を行っている方も多いと思います。送信件数が少ない場合は、それでも大丈夫ですが、件数が増えてきたら、配信サービスを利用することも効果的です。自動でエラーメールを処理する機能を始め、クリック率、開封率など、効果測定も簡単にできます。

配信サービスの費用はさまざまですが、低額で利用できるものもあります。ニーズにあったものを選べば、費用対効果も上がるでしょう。

Eメールは、情報発信や製品プロモーションには欠かせません。エラーをできる限り少なくして、効果的なマーケティングを行いたいものです。そのためには、リーチ率を上げるとともに、受け取る方のニーズに合った、分かりやすく、魅力のある内容のメールを送るのが一番であることは、言うまでもありません。

メール配信APIを既存のシステムに連携させることで、短時間での操作が可能となり、緊急度の高いメール配信の際に優位性を発揮します。